500円玉貯金箱の開け方!10万円100万円実際いくら入る?

   


SONY DSC

高校生の頃僕はローファーを履いていました。授業が終わり下駄箱に一直線し、帰宅部だったボクは世界最速で自宅に帰ろうと意気込んでいました。すると下駄箱にはローファーがありません。近くに居合わせた友人がちょうどでかいサイズの靴を貸してくれて、僕は自宅に帰り事なきを得ました。

当時僕は500円玉貯金ばこで貯金をしていたので、なけなしの貯金をはたいてローファーを再度買うことになりました。その時僕は500円玉貯金箱をこじ開け、500円玉を全て握りしめてローファーを買ったわけです。

ということで、500円玉貯金箱こじ開けプロの僕が、500円玉貯金箱の口の開け方や、500円玉貯金箱で実際何円貯まるのかという調査をしてみました!

スポンサーリンク

500円玉貯金箱の開け方

h140530-6僕がやった500円玉貯金箱の開け方は、開口部を歪ませてました。500円玉の厚み以上の隙間を開けることができれば、お金を投入する口を下にして左右に振れば、スライド式で500円玉をチロチロと落とすことができます。

500円玉貯金箱の開口部を変形させずに500円玉を取る方法は、細くて平べったい鉄製の棒を500円玉貯金箱の開口部に差し込んで500円玉を引き出す方法です。ただしこの方法は中身が見えているプラスチックで透明な500円玉貯金箱でないと難しいです。鉄で中身が見えないとなかなか難しいかもしれません。

鉄製の平べったい棒は定規のような尺、もしくはカッターの刃などを代用することができます。カッターの刃を使うと手を切るような危険性がありますので、十分に注意して作業してください。

10万円貯まる500円玉貯金箱は実際何円分入る?

045500円玉貯金箱に500円玉をぎっしり詰め込むと、14万6000円分の500円玉が入ります。枚数にして292枚の500円玉が10万円分貯まる500円玉貯金箱に入るんですね。10万円分であれば500円玉は200枚必要なので、貯金箱全体の三分の二程度が埋まれば、10万円貯まったと仮定することができます。

10万円分貯まる500円玉貯金箱を参考にすると、実際の表示額よりも1.46倍多くの500円玉が入ります。したがって30万円分であれば1.46倍の43.8万円分、100万円分貯まる500円玉貯金箱であれば1.46倍、146万円分の500円玉が入ると仮定することができます。

ちなみに上の画像は10万円分入っています。

貯金箱によって誤差はありますが、どの貯金箱であってもうたっている金額より多く入るはずです。ぴったりはまずありえません。クレームの対象になりかねないので。

実際にネット上にチャレンジした検証の情報はありませんでしたので、架空の計算になります。ちなみに10万円分貯金箱は実際に検証された情報を元にしています。

スポンサーリンク

感想とまとめ

・500円玉貯金箱の開け方は鉄の棒を入れて500円玉を引き抜
・プラスチック製の500円玉貯金箱でも鉄の平べったい棒は使用可能
・10万円分貯まる500円玉貯金ばこではMAX で14.6万円分入る
・500円玉貯金箱はMAXで表示金額の1.46倍入る

僕の学校は治安があまりよくなくて、ローファーはお亡くなりになりました。僕が通っていた高校では度々靴の盗難がありまして、「下駄箱には南京錠をかけるように」と言われていたんですが、僕は面倒だったので南京錠かけることはしませんでした。ゆえに僕のローファーは消え去ってしまったとゆう思い出話しです。

あなたも大切な靴を奪われないためにも、居酒屋や学校の下駄箱はしっかり施錠するように気をつけて日々を生活してもらえればと思います。

ではまた!

 - 雑学