5分前行動できないってか無駄!メリットや目的・意味と海外は?

   


1102ontime1僕は仕事が嫌いです。「5分前行動なんて糞だー!」という僕の意見です。5分前行動は学校でも教育され、植えつけられる日本独特の文化です。「5分前行動は糞だ」という人は、仕事に対してやりがいを持っていなかったり、お金がもらえるから仕方なく働きに行っている人だと思いますし、僕はその中の一人ですw

今回は5分前行動のメリット・デメリットや海外の時間に対する価値観を探っていきます!

スポンサーリンク

5分前行動のメリットや目的、意味

「前もって余裕を持ち準備しておく。」これが5分前行動の意味です。ゆっくりできるわけですな。ビジネスシーンにおいては、お客を待たせる事は失礼に値するので、到着時刻の5分前には準備しておく事は必要ですし、お客側は予定時刻よりも数分遅れていく事がマナーとされています。

お客側は5分後行動って感じですね。準備できていないところにずかずか入っていくのは失礼に値するので。

5分前行動の闇

137_2昼休憩が45分の僕の職場。昼食を食べる所までは徒歩5分。つまり歩行だけで10分の時間を使ってしまうので、実質的な休憩時間は35分です。食事時間が10分なので昼休憩は残りは25分です。

歩いている時間は、仕事なのか?休憩なのか?ここが超疑問なわけです。しかも5分前行動とか言いつつ5分早く休憩に入ったり、5分早く帰るのはなんでだめなのか?日本独特の文化なんでしょうが、植えつけられた価値観によって、それを疑問とも思わない人がめちゃくちゃ多い。。

「まぁ別に10分くらいいいじゃん!」つっても、1年で200日出社であれば2000分、およそ33時間もサービス残業をしているのと同じになってしまいます。

3年で100時間サービス残業達成です!おめでとうございます!

残業のダラダラっぷりが糞

出社時間と休憩時間は鬼のように厳しいのに、退勤時間に関しては超絶ルーズ。「上司がいるから帰りにくい。。」と感じるのはほとんどの会社で言える話で、ダラダラと仕事をしているわけです。

極端な話、1時間で終わる仕事を1時間で完結させて定時で帰るよりも、1時間で終わる仕事を2時間掛けて残業した方が評価が高い。そんな風潮があります。いやー、これはまじで糞ですw

会社にたくさん時間を使わせる事で会社に依存させ、井の中の蛙を外に出さないように蓋をしているようにも思えます。

5分前行動は糞!という人の特徴

・仕事はお金を貰いに行っているだけ
・時間の大切さは「仕事<休憩」
・仕事が楽しくない
・仕事に没頭できていない
・非常識?

まぁ、つまり僕ですねw 仕事楽しんでやる人は没頭するので5分前行動がどうこうとか言わないわけです。僕はブログ書くの結構好きなんで、こっちやった方が良い訳ですわ、楽しいし。

加えて僕は、非常識である方が幸せな人生を送れると思っています。だって、常識=大衆になれば大衆と同じ人生しか送れませんからね。富裕層が少数であることからも、少数の思考にならなければ金持ちにだってなれないわけです。

その点で皆が洗脳されてて疑問に思わないことにすら疑問を持つ非常識さは、絶対に欲しいです。大衆の一部になったら時間を消費する人生を送る羽目になっちゃいます。

スポンサーリンク

5分前行動なんてやーめたっ!

「5分前行動だけが積もり積もって年間33時間も損するなら、5分前行動なんてやーめたっ!バカじゃん!」はい、私です。が、ちゃんと始業前に行動はしていますw

僕の感覚からすればこの考えは正しいです。「年間33時間もサビ残とか意味わからんし金よこせやカス」ってなりますよ。

でも結局のところ、そこの職場を選択したのは自分だから自分に責任がある訳です。文句言ってても変わらん訳です。若造が文句言ったところで年間33時間を平気で消費する先輩や上司に言いくるめられるは評価は下がるは給料減るわで、結局のところどうしようもないんです。

「5分前行動なんて当たり前だろ人として」とか言われる訳ですね。年間33時間消費とか社畜乙なわけですが、やっぱりクソ文化が定着している以上、それはどうしようもない事実です。

5分前行動から卒業するために

88a02270a36f5caa2cfd46c069591d53
・独立する
・会社を変える
・没頭できる職に就く

この3つが5分前行動から卒業する手段です。「没頭できる職に就く」は、「俺5分前行動とか別にどうでもいいし、っつーか仕事早くやらせろ」状態になるわけです。結局のところは社畜なんですけどねw

自分の最終的な目標を決めて、仕事で得たスキルや人脈で渡りつつフリーランスとして独立の道を選ぶのが、僕はもっとも充実した人生じゃないかなと思っています。

会社の歯車を回すだけで潰れる半生は、命の無駄使いだと思っています。

もちろん、フリーランスなんて楽なわけありません。がむしゃらに夢中になれるからこそ刺激だし楽しいはずです。もらった仕事ばかりをただ受動的にこなして生存するだけの人生ではなく、主体性を持って楽しみながら仕事に取り組んで自分の人生を生きる道が、フリーランス、独立です。

5分前行動を知った海外の反応

「労働者の半分が解雇になる(アメリカ)」「週に2回は解雇される(オーストラリア)」「10〜40分遅れるのが普通(ロシア)」

基本的に海外の人は遅刻ぎみで時間にルーズなようです。「日本を見習って何分か前に行動しているよ:D」なんて言葉もあり、5分前行動あたり前の日本とはやっぱり価値観のズレが大きいですね。

感想とまとめ

・5分前行動はお客への心遣い
・日本は社畜文化が根強い
・10分×200日=年間33時間のサビ残
・脱5分前行動=独立
・脱5分前行動=天職に就く
・日本の時間に対する厳しさは変態レベル

体験談ですが、バカみたいに雪降った日に30分ほど早く家出たけど10分ほど遅れたら遅刻扱いになるし、「早く出ろって電話入れたよな?」とわざわざ休日に電話で干渉してくるのも狂ってますね。会社に使った時間は全部金にしろやというのが個人的な意見です。

ということで僕はフリーランスになるために、地味に頑張っておりまする。選択したのは自分だからね、人生変えるのだって自分自身だし、行動しないとね!

 - 雑学