青ワインの値段や味がおいしいか調査!青い理由は着色料?

   


50086689

青ワインが完成したそうです!

赤ワインと白ワインの常識をぶちやぶった青ワイン。先立っての販売は欧米とのことですが、青ワインの味や値段、青色を作る原料はなんなんでしょうか?

今回は青ワインについて調査しました!!

スポンサーリンク

青ワインの値段や味は?

2016-06-22-160033
青ワインは赤ワインと青ワインをブレンドしています。赤ワインと白ワインの原料は葡萄なので、つまりこの青ワインの原料も葡萄ということになりますね。

青い色をしている理由は、”ブドウを原料青い顔料+天然の藍色成分”だそうです。

青ワイン第一人者[GIk]のワインは値段が1150円ほどで、白ワインに近く甘めの味で飲みやすいものに仕上がっているとのこと。ワイン通であれば味に物足りなさを感じると思いますが、青ワインを出された相手が値段を知らければ、青ワインには値段以上に高く感じる傾向にあると思います。

気持ちで味は変わる

飲み物や食べ物の値段を高いと思い込んだ場合は、同じ食べ物であってもおいしく感じてしまうのが人間です。他にも、好きな人が飲んでいるのであればよりおいしく感じるんですね。

「食事相手次第で飯の味が変わる」とよく言いいますよね。人間の判断や決定はまわりの環境に超大きく左右されるんです。

得体の知らない青いワインが出された相手は、驚きと興味性が高まるでしょうから、驚きと興味性のスパイスが混じった青ワインは価値が高まるんですね。

スポンサーリンク

夏の空や海のお供に青ワイン!

青と言えば連想されるのは夏の青空だったり、青い海ですね。どちらも条件としては日中ですから、夜に飲むのはイマイチかもしれません。海で軽く飲むのが一番合いそうです。

照明の若干暗めなレストランで青色のワインを飲む場合は、綺麗な青が暗く見えてしまうので、水色っぽい青ワインの方がちょうどいい色合いになるかもしれません。

青色は冷静さや集中力を高める効果があるので、お酒は人の心をリラックスさせて陽気にさせる作用を考えると青ワインはちょいと微妙なのかもしれませんね。。

シュチュエーションに合わせて青ワインを選ぶといいですね!

感想とまとめ

gyoushaerabi・青ワインの味は白ワイン寄りで甘め
・青ワインは赤ワインと白ワインのブレンド
・青ワインの青色は天然着色料使用
・海にオススメ!

特別な日にサプライズとして綺麗な青ワインを出せば、青ワインを知らない相手の気持ちは高まってくれるでしょう。照明のチェックは入念に!

青ワインはネットで売っていますので、ぜひ一度、飲んでみてはいかがでしょうか?

ではまた!

 - 雑学