ババ抜きのコツや攻略法!心理学で勝つ方法や必勝法はある?

   


3a01585d0410ea78a86fd5e98b472df4

「よっし!」

「あー!ババ引いてもたぁ〜。」

ババ抜きに必勝法は存在するのでしょうか?

ババ抜きには勝ちと負けが存在する以上、必勝法はありません。全員が必勝法をやった場合、矛盾が起こってしまいますからね。

でも。

ババ抜きは心理学です。コツや攻略法はあります。

ひとまずこちらの動画を御覧ください。

 

彼は僕の師匠なわけですが、このように意図して相手を動かすことができるわけです。それでは、メンタリストDaiGo直伝のババ抜き攻略法やコツをお伝えしていきます!

スポンサーリンク

ババ抜き攻略3つのポイント

3

1.利き手側から反対側へ手が流れる

人は、選択を悩むと、利き手とは逆の方向に手が流れていきます。

例えばあなたが相手にカードを引かせるとしましょう。相手は右効きです。すると、相手は悩めば悩むほど、あなたから見て右へと手が流れる傾向にあります。

ババ抜きでの取りやすさの観点から考えても、利き腕側の方が取りやすい感じがしますよね。相手が無意識に引いてくれるのであれば、ババのカードは相手の利き手側に置くと良いです。

2.相手の表情や傾向を観察する

ババ抜きは、できればババを引いたときにリアクションをしないルール(縛り)をつけた方がおもしろくなります。ババを引いた瞬間に「よっしゃ!」とか、「あー!」というリアクションがあれば直ぐにババのありかがわかってしまいます。

それじゃあ、つまらないですよね。

それを逆手にとって、ババを引いてないタイミングでリアクションすれば撹乱させることはできそうですけど。信用を失うことを覚悟しなければいけませんw

さて、本題です。

ババ抜きをする場合、注意するべきこと。それは「ババを持っている人は誰か?」です。

ババを持つ人を表情や仕草で推測していきます。感情は少なからず顔に現れるので、しっかりと観察すると良いです。観察するポイントは、以下の通り。

  • 右側と左側どちらから取りやすいか
  • いつもと違う行動はないか
  • 取った札はどこに起きやすいか

これはあなたにおいても言えることです。セルフチェックもしてみましょう。それでは、観察はどんな人を中心にやっていけば良いか、お話しします。

  1. 自分の癖をふんわりと把握する
  2. あなたがカードを引かせる相手を観察する
    この人の研究はかなり入念に行ってください。ババ抜き必勝のポイントになります。
  3. あなたがカードを引く相手を観察する
  4. 全体を観察する

正直言って、2番を超入念にやればなんとかなると思います。あなたがカードを引かせる相手を観察して癖を見抜くことは、ババ抜きの攻略に直結してきます。

それは次で話しましょう。

3.【攻略法】ババを引いたらキープして放す

あなたからカードを引いてくれる相手の観察は完璧でしょうか?癖をみつけたら、シミュレーションします。あなたの手元にババがなくても、毎回引かせたいカードを決めて相手に引かせます。

さて仮に、あなたがババを引いたとしましょう。

そうしたら、手札がかなり減らした後にようやく手札からババをリリースしましょう。あなたの手元までババが返ってくるのには結構なターンを要します。最低でも、あなた以外の人数分のターンはかかりますよね?

あなたが所持したババのリリースを引っ張って、できるだけ遅くババを投げれば、手元まで返ってこなくなる可能性が高まります。

これがババ抜きの攻略法であり、コツです。半ば必勝法に近いかなと思います。

スポンサーリンク

表情に出やすい場合の対処法

あなたが持っているババをどうしても引かせたい場合は、表情に出てしまうことが多いと思います。その場合は、自分の手元のカードに集中するのではなくて、相手の観察に集中しましょう。

  • 相手は次どこを取るのだろうか?
  • あ、右の眉が上がった!
  • 改めて見ると綺麗な鼻してんなー

とか。

相手に集中を向けることで、自分の表情には出にくくなるはずです。

ちょっとずるをするのであれば、裏面にしてカードをシャッフルして、目を瞑ればOKです。ただし、相手が不正をしてあなたの手札を覗いたとしても、気づくことはできませんw

感想とまとめ

ダウンロード

  • ババ抜きに必勝法は無い
  • ババ抜きの勝率は上げることができる
  • プレイヤーの癖の観察に重点を置く!

ババ抜きでは、あなたがババをできるだけキープしてリリースする。ババ抜きの攻略法はそこにあります。ババ抜きは心理戦と観察のゲームなので、かなり奥が深いのです。めちゃくちゃ楽しいのです!

ババ抜きは心理学というよりも、人間観察力が問われるといった方が正しいかもしれません。

ちなみに僕は、ババ抜きする機会がありません。。

人間観察を楽しみながら、こっそりババ抜きのプロになっちゃいましょう!ババ抜きは最後に負けた人のみが目立つので、なかなか負けないプロは目立ちにくい環境ではありますね。

目立つという点では、微妙かな?…。

ではまた!

 - 雑学