BREATHE解散の理由や今後の復帰はあるか予想しました

   


cover二人組ボーカルデュオのBREATHEが2016年4月28日に解散し、翌29日にTwitterや公式ホームページで発表しました。今回はBREATHEが解散になった理由や、今後復帰の可能性があるかを予想しました。

スポンサーリンク

ボーカルデュオBREATHEについて

ボーカルデュオBREATHE結成のきっかけは、三代目J Soul Brothersのボーカルを選出するオーディションです。数ある募集者の中でファイナリストに残った2人によって結成されたグループがこのBREATHE。2011年12月21日にメジャーデビューを果たしています。

タイアップ曲

映画サンゴレンジャーの主題歌やアンビリーバボーのエンディングテーマ曲等、テレビ番組のタイアップとしても楽曲が使用されています。

BREATHE解散の理由

ユニット名であるBREATHEは、「息(BLESS)をするのと同じ覚悟で歌を歌って欲しい」とオーディション審査員であった松尾潔が命名しています。

今回の解散の理由は、多田和也の口からは「大好きだった歌が仕事となり、歌に上手く向き合えず、今まで通りに歌えないことで葛藤が生まれた。」と言っています。

多田和也は、BREATHEのパートナーである宮田慧に胸の内を明かし、話し合うも多田和也の気持ちは変わらなかったようです。そして宮田慧との間に温度差を感じていたとのこと。

たくさんのファンが居る中で、パートナーの人生も変える苦渋の決断です。多田和也自身、歌に前向きに取り組めないことは、BREATHEのパートナーである宮田慧、そしてファンにも失礼に当たるとの決断でした。

スポンサーリンク

今後の復帰の見込みを予想

今回のBREATHE解散の理由は多田和也が歌に対して取り組めない状態になってしまったが故の解散です。そして多田和也は「慧くんとはお互い違う道を歩むことになる」と、今後歌を続けるつもりはないと取れる発言をしています。

したがってBREATHEが復活する見込みは無いと言えます。

一方の宮田慧は、「歌える場所がある限り、これからもボーカリストとして歌い続けていきたいと心から思います」とのことで、歌に対して情熱を持って続けていく意思を表明しています。今後はソロ活動に転向するのかもしれません。

感想

解散という単語はどこか淋しげでマイナスなイメージなんですが、BREATHEの2人にとっては新たな分岐点であり、出発点とも取れます。

多田和也は、葛藤がある中で多くのファンを目の前に歌うという行為はかなり胸が締め付けられる思いだったのではないでしょうか。

先が見えないのは恐怖と捉えられがちですが、言い方を変えれば人生が変わるチャンスとも捉えることだってできます。

いちBREATHEファンとしては残念な思いが強いでしょうけど、人として成長し続ける多田和也と宮田慧ふたりを応援していきましょう!

 - 芸能