ドラえもん最終回!同人誌漫画とアニメ動画の内容まとめと感想

   


スクリーンショット 2016-06-05 13.22.16国民的アニメのドラえもんですが、最終回は結構出回っているみたいです。本物の最終回は3つあり、ファンが作ったものもいくつかあります。

今回はファンが同人誌として発表し、販売されたドラえもん最終回について紹介と解説をしていきまーす!

スポンサーリンク

ドラえもん最終回のアニメ動画

この動画は前述した通り、ファンによって作成されたものです。回想のシーンの、のび太アフレコがすごくうまいっす。ドラミに関しても違和感ないですね。ところどころ無音があったりもしますが、クオリティーがめちゃくちゃ高いです。

このアニメは実際に販売された同人誌を元に制作されています。

ドラえもん最終回の同人誌と解説

スクリーンショット 2016-06-05 13.23.39
【ドラえもん最終回解説1】
あのポンコツのび太は世界を股にかけるロボット工学の博士になっていて、出来杉くんは総理大臣になっています。スネ夫の風貌からは取締役、ジャイアンは課長か幹部とかせいぜいそんな感じでしょうか。

ドラえもんは突然消息を絶っていて、ジャイアンは未来に帰ったと思い込んでいます。

スクリーンショット 2016-06-05 13.23.43

スクリーンショット 2016-06-05 13.23.50
【ドラえもん最終回解説2】
ドラえもんに内蔵されていた電池が切れたのはのび太が小4の頃です。(漫画での、のび太年齢は小4でアニメだと小5の設定。)ドラえもんが本来持っているはずの猫耳の部分には内部に記憶メモリがあり、電池切れをすると記憶がまっさらになってしまう、と。

そもそも内部にメモリがあるならぶっ壊れたらメカ的なものが出てきているはずなんで、誰かに修理してもらっているのであればそこで記憶メモリも修復すべきですよね。となると、ドラえもんを修理した人があえて、バッテリー切れでまた世話をするために修復しなかったと考えることができます。

スクリーンショット 2016-06-05 13.23.57

スクリーンショット 2016-06-05 13.24.02

スクリーンショット 2016-06-05 13.24.06
【ドラえもん最終回解説3】
「僕が…。」心に決意を持ったのび太は、今までくそポンコツな成績だったのが嘘のように、学期末成績で出来杉君を抜きトップへと躍り出ます。超博学と化してしまったのび太。服装は学ランで、しずかちゃんはセクシーな制服なので高校生でのシーンだと推定できますね。

これまでの、のび太の言動からは、まずありえないレベルの成長です。自分で何もできないのに急にここまで動けるようになることは考えにくいので、裏でのび太を支える闇の協力者がいるのかもしれません。

スクリーンショット 2016-06-05 13.24.10

スクリーンショット 2016-06-05 13.24.17
【ドラえもん最終回解説4】
ロボット工学博士となったのび太の目的はただ一つ、ドラえもんを復活させることでした。ドラえもんが突然消息を絶った理由は、バッテリーが切れたドラえもんをのび太が押し入れにしまっておいたから、ですかね。

「のび太君、宿題は終わったのかい!?」

そこにはいつも通りですが、猫耳の一時バックアップ機能を備えたドラえもんが居たのでした。

改めてドラえもんの電池が切れたシーンを見てみると、座り込んで本を広げています。そこへのび太が「道具くれやー!!」と突っ込んできているので、バッテリーが切れる直前のドラえもんの状況は「のび太君、宿題は終わったのかい!?」と言うシーンではありません。

のび太は現在、博士にまでなっていて宿題とは無縁の生活を送っています。つまり、ドラえもんの記憶装置は時間経過をしておらず、復活したと考えられます。ドラえもんの止まった記憶と、現実世界で進んだ時間に対してギャップがあるわけですね。

まぁいずれにしろ、「のび太君、宿題は終わったのかい!?」が第一声なのはヘンテコなわけです。これをこじつけるならば、ドラえもんの電源が入った瞬間のテスト音声が「のび太君、宿題は終わったのかい!?」なのであれば辻褄が合います。

と、まぁ深く考えれば変なところもあるっちゃあるんですが、同人誌ですからねw。ストーリーはしっかりしているし絵も綺麗で素敵です。

スポンサーリンク

ドラえもん同人誌は買える?

上で同人誌のネタバレをしていますが、この内容のドラえもん同人誌は実際に購入ができるみたいです。同人誌というだけあって出版部数が少なくプレミア値段がついていて、8500円〜10000円もするようです。

たっかw

著者は田嶋・T・安恵さんです。

ガ・フェーク同人誌◆ドラえもん 最終回◆

感想とまとめ

最終回アニメ動画では35年前の回想となっていますが、実際の同人誌には経過した年月が書かれていないので不明ですね。ちょっとした矛盾があったりもしますが、あえて深く掘り下げたり裏の見えない部分を自分の思考で補ってやると「物語を面白く解釈できるなー」と思いました。

ただただ「へー。」で終わらせるのか、思考を巡らせてるのかでは脳の使われ方が全然変わってきますし、より興味も増してくるものです。

いろいろな着眼点から漫画やアニメ、映画をみると新しい発見があって面白いので、ぜひ試してみてください!

ではまた!

 - ゲーム, 漫画