フィルムディスプレイが肌や体に貼れる!使い道や健康被害を予想

   


2016-05-04 (2)
肌や体に貼れるフィルムディスプレイができたってよ!なんでも一粒の光はとんでもなく小さくて目に見えないレベルで、フィルムの薄さは1ミリを300個に区切った1枚らしい!今回はこの肌や体にに貼れるディスプレイについての使い道や、健康被害について考えてみました。

スポンサーリンク

肌や体に貼れるフィルムディスプレイって誰が作ったの?

東京大学のグループが作ったらしい。って、東京大学のグループってふんわりし過ぎなんですが?学部とか無いのかねw

肌や体に貼れるフィルムディスプレイの仕組み

ちょーちっちゃいLED、1個のサイズは1ミリを2000個に区切ったLEDがフィルムに組み込まれています。1ミリを2000個に区切ったら、見えないでしょうねw

ちなみに一番上にある画像の、ハートの下に角ばった金色のシートがありますよね?あのシートの先は電源があって、金色の部分が電線のような役割をして、ハートのフィルムディスプレイに電気がいって光っていると思われます。

肌や体に貼れるフィルムディスプレイは脆い?

LEDの集合体であるために、外傷には弱いんじゃないかな?と思いますが、粒子がちょーちっちゃいんで、壊れるよりも分裂するイメージのほうが近いかもしれないですね。こればっかりは叩きつけてみないとわかりませんw

肌や体に貼れるフィルムディスプレイの使い道を予想

最先端技術なわけなんで広まるまでは、相当掛かるでしょうね。僕が思いついたのは、コスプレが一瞬で切り替えできるなと思いました。「綾波レイから惣流アスカラングレーにワンタッチ切り替えられるじゃん!!」ってw

衣装の早着替えなんかもスイッチひとつでできるようになりますし、常に変化し続ける衣装なんかもおもしろいですね。一回切り替えてそのままだとディスプレイとしての機能が3%しか使われていないんでw

でもそれを実現しようとするのであれば、肌に貼れるフィルムディスプレイが超普及して安くならない限り、ありえないんじゃないかなとも思います。加えてステージ衣装であれば衝撃に強くないとぶっ壊れちゃいますから、それも懸念点ですね。

パーティーグッツとしてはかなり使えそうじゃないですか?スマホのアプリとリンクができればいろんなバリエーションに色を変えたり、映像を移したりとか。

このディスプレイがタッチパネルになれば、肌に貼るスマホなんかもできるかもしれませんよ!(実用性完全無視w

スポンサーリンク

肌や体に貼れるフィルムディスプレイの健康被害は?

このちょーちっちゃくて、一粒レベルでは到底目に観えないLEDライトですが、この結合したフィルムが粉状になるのであれば、もしかすると健康被害に繋がるかもしれません。

僕は工場で仕事をしているんですが、鉄をバーって削った時に発生する超細かい鉄粉が肺に長期的に渡って蓄積されると、肺の病気(じん肺)になるんですよね。同じようにLEDの粉が肺に蓄積され続ければ同じように肺がやられるんじゃないかなとも思ったり。

じん肺っていう症状は悪化すると咳や痰、息切れが起こったり呼吸困難になってしまうこともあります。

ただこれ、長年にわたって鉄をジャリジャリ削っていると肺がむしばまれて陥る病気なんで、ちょっと吸い込んだくらいでなる病気ではありません。もし今回の、肌や体に貼れるフィルムディスプレイが粉状になったとしても、ちょっと使おうとしているくらいのユーザーでは健康被害に至る恐れは低いと思います。

気をつけるべきは製造側ですね。大量生産になることはまだまだ先だとは思いますが、超細かいLEDが肺に溜まると最悪じん肺になってしまいます。

感想

フィルムの薄さが1ミリの1/300とか、LEDのサイズが1ミリの1/2000とか意味分かんないレベルですねwやっぱ人間ってすげーわ。

今後の、肌や体に貼れるフィルムディスプレイの発展に期待です、僕は綾波レイから惣流アスカラングレー一瞬で変わるその瞬間に立ち会いたいです!w

ではまた!

 - 時事