養蜂の道具や巣箱の作り方!趣味での資格や許可の注意点は?

   


1206013top

「蜂蜜」と聞けば、誰でもパンに塗る黄色くてどろどろとしたものを想像します。

砂糖を入れずとも甘い蜂蜜は、養蜂家が天敵(スズメバチなど)から蜜蜂を守り、そして蜜蜂が集めたものを商品としています。

では、この俗にいう「養蜂」とは、自宅ではできないんでしょうか?もしできるとしても、養蜂の道具や巣箱はどうやって作るべき?

スポンサーリンク

養蜂について

そもそも、養蜂とは「巣箱」をちゃんと管理してこそ成り立つものです。相手は生き物ですから、しっかりと相手をしてあげなければいけません。

しかし、設置場所を住宅地にしたり、山奥に置けばいいやと思うと、地域住民から嫌われたりします。山奥でも、山の所有者から怒られることもあると思います。

では、養蜂家とまではいかなくても、趣味の範囲で楽しめる方法ってあるのでしょうか?

答えは……あります。

養蜂の資格や許可は?

蜜蜂は、飼育に関する届け出が義務となっています。その蜜蜂の制限は、全国共通の「養蜂振興法」と、都道府県が定めた条例によって定められています。

「養蜂振興法って、なんでしょうか?」

農林水産省のホームページには、養蜂でのトラブル防止と蜜蜂の病気の蔓延を防ぐためという旨が書かれています。

つまり、飼育者が集中してしまい、蜂蜜が取れないというトラブルを回避するためのルールです。

そのため、養蜂をするためには以下のことを守る必要があります。

・蜜蜂飼育者の都道府県に対する届け出
・転飼養蜂(県域を超える蜂群の移動)の許可制
・蜜蜂の適正な管理
・蜜源植物の保護増殖の努力義務

つまり、届け出をするのと条例の確認を怠らないようにしなければいけないのです。

スポンサーリンク

養蜂の道具や巣箱の作り方は?

では、実際に養蜂を始める時には、まず何が必要でしょうか?

具体的に言うと、必要なものは「巣箱」と「道具」です。

巣箱に関しては、「重箱式巣箱」をおすすめします。

道具は「鉄製台(巣箱を乗せる台)」と「巣門枠(巣箱の出入り口の枠)」、「天井部分」、「屋根(雨での腐食を避けるため)」、「日除け版」を用意すれば完璧です。

まとめ

週末だけ趣味に熱中する人は後を絶ちません。

しかし、それで人とのコミュニケーションができるのなら、それも楽しみの一つかもしれません。

最近では、「週末農業」という言葉とジャンルがあるように、「週末養蜂」なんて言葉が生まれるのもいいのかもしれません。

そのためには、必ずルールを守ってくださいね。

参考サイト

NAVERまとめ」

「週末養蜂家の二ホンミツバチのおいしいはちみつ」

 - 芸能