会社を辞めたい理由は人間関係?相談の意味や退社方法について

   


150806_count
どうも、絶賛、会社辞めたいマンの僕です。

今回はズバリ、会社を辞めたいあなたの背中をプッシュする内容と、退社方法についてご紹介していきます。人の悩みはほとんどが人間関係によるものだとされています。果たして転職した先で、希望ってあるんでしょうか?

スポンサーリンク

転職しても対人関係の悩みは解決しない

基本的に、どこの職場でも自分と合わない人はいるものです。職場を変えたところで、どーせ悩みを生むあの人と似た人が居るのは承知の事実です。

嫌な人から逃げる事で問題は解決しますが、転職先で新たな人間関係の悩みを抱くループとなってしまいかねません。人と付き合うことが苦手なのであればフリーランスの道だってあるわけで、自分のやりたい用に生活する事ができます。

ただ、フリーランスは自分が頑張った分だけ給料は増えるし、サボれば無一文です。主体的に動かなければ死んでしまう世界なんですね。そして、お金が発生するのは人が絡む必要があるので、お客様は必ず人間として存在して、そこからお金をいただく事も覚えておいてください。

上司や同僚との問題は減るにしても、お客様は人間なわけですから人間関係はどこかしらで発生します。

他人を変えるのではなくて自分を変える

自分の力で他人を変える事はできません。自分のことは自分自身の考えや行動を変える事で変わる事ができます。嫌いな人と上手に付き合う1つの方法を紹介します。

相手の長所を3つ探す

相手の良い部分を探す努力を常に重ねる事で、人の良い部分を見つけやすくなります。良いと思っていた3つの長所のうち1つがなくなってしまっても予防線が2つもあるので保険がききます。

悪い部分を見てしまうと、人の悪い部分を見つける癖がついて、人の嫌な部分を見つける事が得意になってしまいます。相手の悪口を言う事は回り回って相手に届きますし、不満やストレスをぶちまける行為は、あなたの身体の老化を促進させてしまう効果があります。

「◯◯はちょっといただけないけど、こんな部分は尊敬できるな!」と相手に対する思考を変化させる事であなたの行動も変わり、良い人間関係を築きやすい関係を作る事ができます。

スポンサーリンク

仕事で得られるお金以外のもの

196仕事で得られるものはお金だけではありません。人間関係とスキルが手に入ります。あなた自身、将来的にどうなりたいのかを自分自身で決めて、目的に向かって成長していくような仕事をすることが非常に大切です。

時間は有限であり、僕やあなたは絶対に死ぬ運命にあります。

時間を提供してお金だけをもらう行為は極力避けるべきです。増やすことのできない限られた人生の制限時間に対して、お金のためだけに消費、消耗し続けるのは大きなリスクです。

将来的に理想的な自分に向かって進んで、後悔しない人生を送りましょう。さっさと人生のマネーゲームから降りないと消耗した人生を生きてしまいます。

自分のためではなく他人のために生きた人生は自分自身の幸せに繋がりません、自分自身のために生きましょう。そういう意味で、今の職業に対して将来の自分に直結しないことをしているのであれば退職は大いにありです。

他人に相談することの無意味さ

Tourist in Florence

退職に対しては相談することがあると思いますが、「退職しないほうがいいよ」と、あなたを気遣ってくれる人がいます。でも現状で満足していないからこそ退職の道を選んだあなたが、他人の意見を聞き入れて、ずっと職を変えないことは他人の人生を生きていることに等しいです。

そんな生き方続けてたら、気付いた時に死んでしまいます。自分で選択する必要があります。

「入社してすぐやめて根性ねえ」とか「パチスロで稼ぐとかクズ」だとか、「投資で稼ぐとかありえん」という親の意見や友人など周りの世間体は気にする意味がないです。

世間体を気にして他人の望む人生を生きたら…。あなた自身の望む人生を送れていないで消耗しているあなたは幸せにはなれません。

生きるためには金が必要なわけだし、世間から煙たがられる方法であれ収入を得ることができればそれはそれでオッケーです。他の土台を作っていって、やりたいことやりゃあ良いんです。

会社の退社方法について

退社の方法には「退職願」と「退職届」どちらかを書く必要があります。届けに関しては撤回ができませんので、円満退社するのであれば退職願ですね。

どうせ退社するんだし円満もクソもねーなといえばそれまでではありますね。ただ、今の職場と人間関係で繋がっていたい人が多いのであれば良い雰囲気で退社する必要がありますので、そこについてはあなた自身で判断してください。

感想とまとめ

・会社を辞めるには退職願か退職届
・自分の人生を決断して幸せな人生を送るのはあなた自身が決めること
・他人の人生を生きることは時間の消耗
・消耗している間に死ぬ

企業に勤めるだけの固定観念に縛られないような、柔軟な脳みそを手にいれる必要があります。読書やネットサーフィンで得られるたくさんの情報の中で、あなた自身にあった道を進むべきだと思います。

幸せな人生、送りましょう!

ではまた!

 - 雑学