車なんていらいない!若者が車離れする原因や理由は何?

   


2017-Toyota-GT-86-455トヨタで販売しているスポーツカーの86。スポーツカーとしてはリーズナブルな料金にもかかわらず、若者の車離れによってなかなか売れていない模様。

今回は「車はいらない」と主張する若者達に焦点を当てて、車離れの原因や理由について僕なりに思う事を書いていきます!

スポンサーリンク

若者の車離れの原因と理由

若者の年収は減っている?

スクリーンショット 2016-07-10 19.14.33

こちらのグラフは大卒の初任給を表した数値です。というのも、給料って減ってるのかな?と思ったので調べてみましたが、むしろ初任給については増えているみたいですね。赤いグラフは現代の価格に換算という事で、まぁ増えてはいるんだけど、グラフの意味がよくわかりませんねw

物価や消費税が上がっている事を考慮すると…どうなんでしょうか?

まぁ少なくともそれほど下がっていないのは間違いなさそうですね。ってことで、収入面はそもそもの原因とはなっていなさそうです。

都道府県別人口推移(平成17~22年)

人口の推移としては、増加している都道府県は下記になっています。

  • 埼玉
  • 東京
  • 千葉
  • 神奈川
  • 愛知
  • 福岡
  • 大阪
  • 滋賀
  • 沖縄

まぁ何が言いたいかっていうと、人は首都圏に結構流れてるってことですね。参考にしている情報がちょっと古いですけど。沖縄と滋賀が増えているのはよくわかりませんw

首都圏といえばまさに、車がない方が便利な生活が送れる地域ですね。交通網の発達によってそれだけでなんとかなっちゃう地域です。そこに人が集中して集まる傾向にある訳なんで、当然車は売れなくなるよねーって話で。

滋賀って別荘が多いのかな?と思いましたが、長野・山梨・静岡が別荘としては多いようです。なーんで滋賀が増えてるんだろうか?まぁ置いておこうw

基本的に若造は可能性を求めて上京したり「田舎つまんねー」って言って都会に移り住む人は多いと思います。家庭を持っている人も少ないんで自由に行動できるのもありますし、若い時の方が誰しもアグレッシブでしょうからね。

スポンサーリンク

情報化社会による影響

SONY DSC

この、情報化社会による影響がすごく大きくなったんだと思いますね。YouTubeやニコニコ動画、スマホのアプリなんかに時間が奪われることが多くなった現代人は、昔に比べて外に出歩かなくなる傾向にあるでしょう。まぁここは推測なんですけどw

となれば、「特別な所に行きたい」と思うこと 、"車さえあればいつでも好きな所に行ける”というメリットを感じにくくなりますね。車は高いし維持費もかかる鉄の塊。

「じゃー車なんていらないよ、スマホのゲームに課金した方いいじゃん」ってなっちゃうわけです。

加えてAmazonを利用すれば買い物に行かなくても、家に引きこもっていても生活できてしまう時代です。時間はお金よりも圧倒的に大切な資源ですので、そういった考えを持つ人にとってはとても便利な社会になりましたね。

日光を浴びなくなったり、運動する機会が減るのはホルモンの分泌や脳の成長に悪影響があるのでその点は問題点ですね。セルフ管理をよりしっかりする必要があります。

感想とまとめ

1495_1_150528131119860_700x・若者の車離れの原因や理由は”車がなくても便利に生活出来る”
・若者の車離れの原因や理由は情報化社会で、外に出歩く機会が減ったから?

後者については僕の推測も混じってはいますが、お金を使う先が贅沢品の車ではなくて、スマホなどのデジタルコンテンツにシフトしているんでしょうね。車の維持費は相当かかるんで、そりゃあ車なくても生活できるなら僕だっていらないかなと思います。

加えて言えば、車なんて運転して目的地につければいいと思ってるんで、今はワンボックスカーに乗っていますが次は軽にでもしようかななんても思っちゃっていますw

ではまた!

 - 雑学