ニトリ家具を半額で買うアウトレット術!注意点や実店舗も

   


wuqme0i_oza-gabriel-beaudry

「お値段以上、ニトリっ♪」

日用雑貨や、家具を取り扱っているニトリ。そんなニトリで、なんと家具は半額で買えることが判明…!

ニトリの商品を最大半額で買う方法や注意点、取り扱い商品の情報について詳しく調査しました。

新生活をはじめた人にとっては、超タイムリーなネタですね!

スポンサーリンク

ニトリの商品を最大半額で買う裏技

ニトリアウトレットで最大半額!

ニトリの商品は、アウトレットショップで買うことで、最大半額で購入することができます。もちろんアウトレット商品ですから、商品が多少傷んでいるのは事実…。新品の商品ではありませんからね。

ただ、アウトレットとは言えそこまでダメージが過激なわけではありません。ちょっとの傷くらいなので、ちょっとの傷を妥協できるのであれば、問題なし。ニトリのアウトレットショップで、かなりお得に買い物しちゃいましょう。

ニトリアウトレット商品とは?

スクリーンショット 2017-02-15 11.10.48

  • 傷あり商品
  • 取り扱い中止品
  • 修理品
  • 展示品

ニトリアウトレット商品とは、上記のような商品を指します。わけあり商品という扱いですね。

また、ニトリアウトレットで取り扱う商品は、エリア別で異なりますつまり、北海道エリアのアウトレット商品と、東日本エリアのアウトレット商品は異なる、ってことです。

 

ニトリアウトレットの注意点

スクリーンショット 2017-02-15 10.56.30

実際に、オンラインショップの、ニトリアウトレットを覗いてみました。

この商品の場合は、値引きが半額とまではいっていませんね。

  • 新品:50834円
  • アウトレット:34900円

約30%オフってところです。

ウェブサイトにはアウトレット商品の画像がありますが、非常に暗く、傷が見えにくいです。傷の種類としては打痕傷や、引っかき傷などが多いように見て取れました。傷が見えにくいため、実物を見たら”思ったよりも傷が深い…”なんてこともありがちかと思います。

商品の傷に敏感なのであれば、ニトリアウトレットで商品を購入することはおすすめできません。

逆に、機能面重視で傷をあまり気にしないのであれば、おすすめです。ニトリアウトレットでの買い物は最大半額ですから、結構お得です。

それと、家具の寸法もしっかり測っておいたほうが良いです。

実際にメジャーを使って、家具のサイズをイメージしておかないと、「家具を買ったのに置けない…」なんて事態にもなりかねないので注意しましょう。

また、返品もできないので注意ですね。

スポンサーリンク

ニトリアウトレット実店舗一覧

都道府県 店舗名
北海道 川沿店
宮城 仙台松森店
東京 南砂店 東大和店
千葉 千葉桜木店
石川 御経塚店
福岡 ゆめタウン博多店 大宰府店

出展:http://www.ee-shopp.com/nitori/outlet.html

上記の店舗では、ニトリのアウトレット展示エリアがあるようです。ニトリアウトレットのホームページでの画像は暗くてわかりにくいですから、実際の目で傷や擦れなどを確認したほうが確実ですね。

もしも近くに店舗があるなら、ニトリオンラインショップで買うよりも、自分の目で直接チェックして購入を検討してみてはいかがでしょうか?

家具は一生モノ…

今回の内容をまとめると…、

  • ニトリアウトレットで最大半額
  • エリアごとにアウトレット商品が違う
  • オンラインショップは傷がわかりにくい
  • 買う前に寸法をしっかりチェック
  • ニトリアウトレットは返品不可
  • 実店舗の方が確実

ベットなどの高価な家具が最大半額になるという点では、ニトリアウトレットはかなり経済的に嬉しいですね。

 

でも、安いから買うっていうのはちょっと違うかなぁと思います。

家具は一生モノです。

寝具に至っては健康にも影響してきます。人生の1/3は睡眠時間とも言われています。長く一緒に居るパートナーといった感覚で、自分の感覚に合う家具を買うのが一番だと感じます。

「安いから買っとこう!」で買ってしまうと中途半端な買い物になってしまいがちかなぁ…と思います。新たな家具を買えば、今まで使ってきた家具が不要になります。

理想の買い物としては、

  1. 商品を見て直感的に欲しい!と感じる
  2. 値段を自分の物差しで想像する
  3. 安ければ買う・高ければ買わない

こんなステップを踏むと、安いからただ買ってしまうような、結局のところ無駄だった買い物は避けられると思います。

買い物をする際は一呼吸おいて、”本当に必要かどうか?”を考えてみるといいのではないでしょうか。

 - 雑学