ポケモンGOでパズドラやモンストが危機!今後の株価推移を予想

   


ent23_img01

旋風を巻き起こしているポケモンGO。海外でのダウンロード数はあっという間に3000万ダウンロードを突破しています。日本でのダウンロード数は1000万を突破しています。

全世界を含むアプリダウンロードの速度ポケモンGOがこれまでで最速で、1000万DLは7日間で達成しています。歴代2位の記録はクラッシュロワイヤルの9日間でした。

今回はモンストやパズドラの株価の下落と今後の予想もしてみました!

スポンサーリンク

スマホゲーム各社の株価推移

◯ガンホーの株価推移

スクリーンショット 2016-07-25 5.34.48

◯mixiの株価推移

スクリーンショット 2016-07-25 5.31.29

◯任天堂の株価推移

スクリーンショット 2016-07-25 5.31.29

ポケモンGOと株価の関係

日本でのポケモンGOのダウンロード開始日は2016年7月22日でした。19日あたりからmixiとガンホーの株価が徐々に株価が下落しています。一方で任天堂の株価は、全世界配信日にガツンとあがって落ち込んだのちに、日本での配信日でも再度上昇を見せています。

ガンホーやmixiの株価が下がる推測は割と容易にできたと思うので、美味しい思いをした人も結構いるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

今後の株価の推移は?

ポケモンGOの配信日が過ぎるにつれて、株価は落ち着いてくると思います。ポケモンGOはゲームの難易度が容易で老若男女問わず気軽に遊べるのが売りです。モンストの売りも似ていますね。やはりゲームの難易度が高いパズドラに関しては、今後も勝ち目がないように感じます。

ポケモンGOはポケストップというスポットでアイテムが無料に手に入るわけですが、田舎にはかなり遠い距離にしかポケストップがありません。そして都会の方がポケモンの出現率が高いようです。

  • 田舎に住むユーザー
    →モンスト
  • 都会に住むユーザー
    →ポケモンGO

ユーザーはおそらくこんな感じに二極化すると思います。ポケモンGOがポケストップの場所を増やしたり、ポケモンの出現率を上げるような対策をすれば、モンストやパズドラの株価はさらに下がると予想できます。

社会現象になっているポケモンGOですが、人を現実世界に集める、集客装置としても機能します。企業と提携を結んで大きな収益を確保するビジネスモデルが出来上がっている以上、これからも安定した収益を獲得できると考えます。

感想とまとめ

201505_jyukunenrikon_02

  • ポケモンGOのポケストップ拡大が全ユーザーを巻き込む鍵
  • パズドラはオワコン
  • モンストは田舎ならまだ息がある
  • ポケモンGOは企業と締結しているので強い

つまり何が言いたいかというと、田舎の俺ももっとポケモンGOしたいっす、ってことですw

今回の内容はすべて完全に僕の推測です。株を買う場合は自己責任で、よろしくお願いします!

ではまた!

 - ゲーム, パズドラ, 時事