プロファイリングのやり方を紹介!レシートから犯人を探る!

      2018/08/23


ダウンロード会社でレシートを拾いました。というか、道端にレシートが転がっていたのを、メモをもとに僕の部署っぽいということで知らないハゲのおっさんから渡されたわけですね。

普通なら、レシート渡されたって「なにこのメモ誰の?知らね、(ポイッ」となるわけですが、ある人の影響によって観察能力が若干向上した僕としては、このレシートおもしれーなと思ってしまいましたw

今回はレシートに記載された内容から人物像を推定します。俗に言うプロファイリングってやつですね。可燃ゴミ袋の中からレシートがみつかっただけで、あなたの生活が見えてきてしまいます。

スポンサーリンク

プロファイリングとは

プロファイリングとは、簡単に言えば得た情報から人物像や趣味嗜好を予測する作業です。アメリカで20世紀に始まった操作方法です。アメリカでは第二次世界大戦終了後に連続殺人が増え、捜査のスピードが追い付かなかったことから仕方なしに導入されたのが、このプロファイリングです。

プロファイリングは、日本の警察においてはあまり積極的に使われることはありません。プロファイリングを使えば犯人像を推理することができるわけですが、そのプロファイリングを、初期段階で誤った方向に使ってしまえば誤認逮捕にも繋がってしまい、本当の犯人を取り逃してしまう可能性もあるからです。

ちなみにアメリカではプロファイリングは積極的に使われているようです。

プロファイリングのやり方としては関連づけして考えを深めていくだけです。これで、プロファイリング力が自然とついてきます。

プロファイリングが上手くいかないとき

  • 提供された情報が少なすぎる
  • 犯人がわざと偽の証拠を残している
  • 分析官の経験が不足している

まず最初に、出された情報が少なすぎる場合です。

例えば男性が殺されたとして「男性が殺されています。」だけの情報を元に、プロファイリングをしてみてくださいと言われても、情報が少なすぎる訳ですね。死因だったり打痕だったり、付けている時計だったりメガネの吹っ飛び方だったりと、様々な情報を加味してプロファイリングを行います。したがって、情報が少なすぎる場合はプロファイリング自体が行えなくなってしまいます。

次に、犯人がわざと偽の証拠を残した場合です。

言わずもがな、囮のプロファイリングのヒントがあったとしても、それに引っかかってしまえば元も子もありませんね。所有物であった財布の中身のレシートを入れ替えてあったり、風俗嬢の名刺を入れてみたり。指紋によってばれることもあるかもしれませんが、手袋をしていれば指紋は付きませんからね。

最後に、分析官の経験不足の場合。

アメリカで行われているプロファイリングでは、未熟な分析官が一人でプロファイリングを行うことはありません。熟練者であるプロファイリングのプロと一緒に分析をするそうです。ただし、プロファイリングでは特殊な例もあるため、未経験のプロファイリングが当たってしまった場合は失敗するといった可能性もあるようです。

さてそんなこんなで、今回は、拾ったレシートを元に詳しくプロファイリングしちゃいます。

レシートからプロファイリング

●レシート
IMG_0232
●裏面のメモ
IMG_0233

ただの紙切れにすぎないこちらのレシート。ここから読み取れるのは以下の通り。

  1. 2名での来店
  2. 飲み放題でビールが多め
  3. 2人とも飲んでいる
  4. ドリンクの飲み放題も頼んでいる
  5. レシートのメモにはフィルター類のメモ

この二人は男性なのか女性なのか?

女性の好きなものといえばスイーツです。そしてカクテルも好きな傾向が強いです。この辺は統計学を勉強しておくことで、より人物像をプロファイリングする精度が上がります。

梅酒が好きな女性も結構いると思うのと、レゲエパンチを一杯飲んでいるのでちょっと微妙ですが、この居酒屋に訪れたのは一人は男性である可能性が高いです。

なぜかといえば、背景には僕の通う会社は男性多かったり、メモの筆跡的にも男性である可能性が高いです。僕の会社では女性は若い傾向にあるので、もし女性が書いたメモであれば丸まった字や可愛らしい字になるでしょうね。

女性はやたらとパスタが好きですが、その文字や女性を匂わすメニューが無いですね。サシ飲みなので、仲の良い二人であれば、一人がカクテルに変えたタイミングでビールから梅酒に移っていると想定できます。人間は好意を持つ相手に対しては自然と真似をする傾向にあります。ビールは合計5杯ですが、内訳はきっと3杯と、もう一人が2杯ですね。

まぁここは推測ですし答えは不明ですが、たかがレシート1枚でこんな部分まで深堀していけちゃうわけですね。決済はクレジットカードで行われていますから、きっとこの支払人はWebでも買い物するでしょうね。

レシートを拾った時間や飲み終わった時間や会社の勤務形態を関連付けることでより、人物像は絞りやすくなります。

二人ともお酒を飲んでいることから想定できるのは…

  • 飲酒運転をしている?
  • 家が近い?→宿泊?
  • 代行を使っている?
  • 誰かに乗せてもらっている?

この辺が想定できるわけですね。

もし落とし主を見つけた場合は、これらを想定したもとで質問をぶつけるとアンサーを引き出すことができちゃいます。質問に関しては、あなたが引き出したい情報や周囲にどんな施設があるかを事前にリサーチすることで矛盾があれば、隠し事をしていると想定することができますね。

スポンサーリンク

服装や装飾品から妄想する

ht-fation_03ズボンにちょっとしたドロのような汚れがあるにも関わらず、あなたの会社で砂利道や泥道がなければそのズボンは普段も使用していると想定できます。じゃあ私服はあまりこだわりがない、ファッションにそんなに興味がないのではないかな?

車がピカピカなのであれば新車か車に愛着のある人、改造をめっちゃするならお金が無いでしょう。

手に傷が多いのであれば”機械系の仕事をしているかも?”だとか、ピアスが付いていることに気づけばさり気なくプレゼントできますし、どんなピアスをしているかで好きな色や服の感じもわかったりしますね。黒色なのかダイヤモンドなのか。

あなたが目に飛び込んでくる情報には、裏の背景が沢山隠れているわけです。それを考えながら人間観察や持ち物のチェックなんかをするとすごく楽しいですし、プロファイリングの力も上がっていきます。

あなたが想定したプロファイリングに対して、相手に直接聞けるなら質問をしてフィードバックをもらっていくことで、さらにプロファイリングの精度は上がっていきます。

感想とまとめ

1G1Zz・プロファイリングのコツは関連付け
・プロファイリングの精度を上げるには実際に質問して当たり外れをチェックし、フィードバックを貰う

プロファイリングや人間観察は暇なときにでもやってみるとかなり楽しいですし、人の変化に気がつきやすくなります。他人の小さな変化に気付けるということは相手に対して好印象を持たれやすくなるはずですから、ぜひ暇なときにでもやってみてください。

人間観察、楽しいですよ。

表情分析学も合わせて勉強をすると、ちょっとした表情の変化から相手の気持ちを察する能力も付いたりします。(僕は表情分析の本を買いましたが、途中までしか読んでいないのは内緒ですw)

ではまた!

 - 雑学