しぶんぎ座流星群は2018年1月4日!方角や時間帯は?

   


毎年、年明けに訪れる流星群として有名なしぶんぎ座流星群。今回はしぶんぎ座流星群が見れる方角や時間帯について調べてみました。

スポンサーリンク

しぶんぎ座流星群について

ペルセウス流星群、ふたご座流星群と並ぶ3大流星群の一つであるしぶんぎ座流星群。しぶんぎ座流星群は、見れる時間が短いため、ペルセウス流星群やふたご座流星群と比べると知名度が低いです。年によって当たり外れがあるため、まさに新年を占うおみくじのような感覚ですね。

一時間あたりの流星の数は20~50個程度となっています。

しぶんぎ座流星群2018の方角と観測時間帯

2018年のしぶんぎ座流星群は、12月28日〜1月12日頃に出現し、ピークを迎えるのは2018年1月4日の明け方となっています。時間にすると4時前後といった所でしょうか。観測の方角は北東方向です。

2018年は1月2日にスーパームーン(月が一番大きく見える)を迎えるために、月明かりによってしぶんぎ座流星群の観測の妨げとなってしまう可能性があります。観測条件としては決して良いとは言えないような状況だそうです。

2018年のしぶんぎ座流星群は、空の条件が良い場合1時間で15個、空が明るい所で見えるのとは1時間で10個程度と予想されています。

1月3日の夜〜1月4日明け方の天気予報はというと、北日本や東、西日本の日本海側では雨や雪が降るため観測に悪影響を及ぼす模様です。一方で太平洋側では雪がなく、沿岸部であればさらに観測しやすい状況だとのこと。

スポンサーリンク

感想とまとめ

  • 2018年のしぶんぎ座流星群のピークは1月3日夜〜1月4日明け方
  • 2018年のしぶんぎ座流星群の方角は北東

1時間に10〜15個程度の流星が見れるしぶんぎ流星群ですが、日本海側では天候によって観測が厳しいのが残念な所です。太平洋側の沿岸部であれば観測は可能だと思われますので、新年一発目の願い事を流星に向かってしてみてはいかがでしょうか?

 - イベント, 行事