サッカー背番号の意味はポジション別?キャプテンマークの腕章も

      2017/05/01


tom-sodoge-54031

「なでしこジャパン」と言えば、知らない人はいないでしょう。

2011年のFIFA女子ワールドカップでは、なでしこジャパンはアジア圏のチームの中で初優勝しました。当時を振り返ってみると、なでしこジャパンは優勝したことによって、世代を超えて愛されるようになりました。

もちろん、男子サッカーだって負けてはいません。

「SAMURAI BLUE(サムライブルー)」という愛称で、男子サッカーも盛り上がりを見せています。

「なでしこジャパン」と「SAMURAI BLUE」。この二つを知っている方は多いと思います。

では、その背番号の意味を知っている方は、どれだけいるんでしょう?

スポンサーリンク

サッカーの背番号の意味があるの?

そもそも、背番号には何か意味があるんでしょうか? それとも、好き勝手に背負いたい番号を背負っているだけでしょうか?

いいえ、違います。

実は、ユニフォームの番号には、意味があるんです。11人対11人で試合をする、スポーツのサッカー。実はこの背番号は、各選手にポジションが決められていて、そのポジションを意味しているのです。

  1.  ゴールキーパー
  2.  右センターバック
  3.  左センターバック
  4.  右サイドハーフ
  5.  センターハーフ
  6.  左サイドハーフ
  7.  右ウイング
  8.  右インサイダー
  9.  センターフォード
  10.  左インサイダー
  11.  左ウイング

サッカーの背番号は何番が人気?

背番号にはそれぞれ役割があります。

では、その背番号のポジションの人気は、どんな感じでしょうか?

サッカーの背番号で人気なのは、7番から11番までの前線番号が多いと言われています。

その中でも特別な背番号は、「10番」だと言われています。というのも、世界にはいろんなチームがありますが、「背番号10番」に関しては「エース」というイメージが強いからです。

背番号は数が少ない番号が後ろを守り、背番号の数が大きいほど最前線を攻めるポジションにいます。

スポンサーリンク

今でも背番号の意味は健在?

元々は背番号の意味はかっちりと決まっていましたが、最近ではその意味は失われているようです。

残っているのはゴールキーパーの「背番号1」ぐらいだそうです。

そもそもサッカーの背番号の始まりはと言うと、発祥の地イングランドからきているそうです。人々にスポーツとして定着してきて、初めて背番号がついたそうです。

キャプテンマークの意味と歴史

「サッカー」と言えば、今では男女ともに国民的なスポーツです。

特に、チームを率いるキャプテンは憧れの的です。

ですが、このキャプテンが腕にしているキャプテンマーク。これには一体どんな意味や歴史があるのでしょうか? 国ごとによって違いはあるのでしょうか?

キャプテンマークの意味とは?

チームには、副を除けばキャプテンは一人です。武道でも同じく、大将は一人です。

では、サッカーのキャプテンが腕に巻いているキャプテンマークは、どんな意味があるんでしょうか?

答えはあります!

答えは、「審判が警告をする時に、そのチームのキャプテンに指示するために、誰がキャプテンかわかるように」です。

試合中は、監督でもフィールド内には簡単に入れません。

その試合を円滑に進めたい運営チームは、ゲームで熱くなった選手を大人しくさせるために、そのチームの中でキャプテンマークをつけた主将に指示を出すのです。

スポンサーリンク

キャプテンマークの起源、歴史

功績が認められてついた勲章や、組織に所属していることを証明するバッチや腕章は、左胸、左腕につけると言われています。

サッカーもそれに倣い、キャプテンマークである腕章も左腕(相手から向かって右側)につけます。

実はこのキャプテンマークの腕章を左側につけるのは、中世のヨーロッパに実在した、十字軍が元ネタだといわれています。

ちなみに、十字軍は、カトリック系のキリスト教徒たちが、キリスト教の聖地であったエルサレムを、イスラム教徒たちから取り戻すために結成された遠征軍です。

十字軍は命がけで戦い抜き、その勲功は君主から賞されました。そして君主から授与された貴金属の記章(後の勲章となるもの)を、自分の命の象徴である心臓付近につけました。その心臓付近が左胸だったため、身体の左側につけるようになったと言われています。

キャプテンマークは国や場所によって違う?

キャプテンマークは、「赤」のユニフォームには「白」のキャプテンマークで、その逆の「白」のユニフォームは「赤」のキャプテンマークをすると言われています。

そのほかにも、「赤」「白」「青」「黄」の4色があるので、ユニフォームの色によって使い分けます。国や場所によっての違いはないようです。

 

まとめ

これまで、日本の背番号10番を背負ってきた人は、みんなヒーローです。

中村俊輔さんや香川真司さん、それからラモス瑠偉さんもまた、背番号が10番です。なでしこジャパンの澤穂希さんもまた10番だったんです。

これからも日本のサッカー界が盛り上がれば、きっとまた次の世代を担う、若手の選手も出てくるでしょう。

そして、キャプテンマークは言わば、そのチームの親であります。

時に熱すぎる味方を静めたり、注意をしたり、そしてチームを引っ張っていく大黒柱なのです。

もちろん、キャプテンマークを背負うのは大変な覚悟が必要であり、生半端な気持ちではチームメイトやファンを裏切ることとなります。

それでも、「主将」という看板を背負うことに憧れる、将来のスポーツ選手はたくさんいます。

どこにいても努力を重ねている彼らを、ついつい応援したくなりますね。

◯参考サイト
・情報世界 サッカーユニフォームの背番号の意味 人気は?おすすめは?
・Pinky 大人女子のライフマガジン」
・kizidasu
・スポーツストーリーブログ

 - スポーツ