スマホ依存症3の対策!スマホ中毒者の原因と簡単な解決方法!

   


150320smartphone-thumb-640x360-85526車が停車すればスマホ。電車に揺れつつ暇だからとりあえずスマホでツムツム。休憩時間にもスマホ。スマホ無くして生きていけない現代になってしまいましたね。僕も日常でしみじみ感じております。

スマホは使い方次第で良いようにも悪いようにも人生に作用します。

家に帰ってからは目的のこと以外スマホをいじらなくなって、脱スマホ依存できたと思っている僕が、スマホ依存や中毒のメリット・デメリットと対策方法をお伝えします!

スマホに注意が逸れれば1年で1ヶ月分の期間を損しています!

スポンサーリンク

スマホのアプリは超便利!

Y020901僕はこうやってブログを書いていますが、文字を打たなくても音声認識で文字を作成できるアプリがあるんですね。パソコンがなくてもスマホさえあれば楽に記事の作成ができるのは非常に便利なわけです。

人はアイディアが浮かんだとき、夢のようにすぐ忘れてしまいます。そんな時にさらっとメモを取ると、後にメモを見返した時にアイディアを思い出せたりもします。僕はボイパをしながら遊んだりするわけですが、なんとなく浮かんだリズムパターンは忘れるのでボイスレコーダーでメモを取ります。

他にもブログのネタになりそうなものをメモして、メモを振り返ってネタとして使ったりもします。

Bluetoothのイヤホンを使用して本を聞いたりセミナーの音声を聞いて手軽に学習ができるのもメリットの一つです。メルマガで知識を増やしたり、Kindleで本を読んだり、学習用タイマーを使って効率良く集中したりね。

自分の夢や目標に向かってアプリを有効活用できるのがスマホ最大のメリットです。

スマホの通知で1ヶ月を棒にふる

1つの通知が”ピロン♪”と来ただけで、25分の時間を奪います。あなたの集中力がピークだったのであれば、ピークに戻すまでには約25分もかかるわけです。8時間勤務のサラリーマンだとした場合、通知に意識が向いた瞬間に集中力が途切れ、その累計時間はなんと1ヶ月分にも相当します。

つまり通知を全部切れば、失っていた1ヶ月分の時間が取り戻せるわけです、時間の密度が上がるわけですね。僕はスマホの通知を全てオフにしています。どうしても緊急を要する営業のような仕事なのであれば電話とLINEだけ通知をオンにするのも手です。

日々学びによって、人は成長します。

僕は3年以上パズドラをしたりYouTubeのゲーム実況動画も見ていましたが、その時間って娯楽であって、非常に勿体ないんですよね。

スマホ依存解消!3つのテクニック

1.アプリを断捨離する

あなたが将来なりたい夢や目標に必要なアプリは取っておきましょう。最重要なアプリは1枚目の画面にまとめます。アプリはそれぞれグループとして管理できますが、グループにすると起動までに時間がかかるのでそのまま外に出しちゃったほうがいいです。

使用頻度が高いアプリに関しては下へ持って行きましょう。右手でスマホを触るなら右側、左手なら左側に持っていくと起動が楽です。僕のスマホ1ページ目はこんな感じ。

IMG_0237
2ページ目に関しては次に必要性の高いアプリを置いておきます。もしも断捨離で不要なアプリが消せない場合は、不要なアプリや重要度の低いアプリはより後ろに持っていくといいです。アプリの起動までに手間が増えれば増えるほど、誘惑に打ち勝ちやすくなります。

YouTubeで娯楽動画を見ようとしたときに、ページを切り替える行動が増えたことでその瞬間に「あ、やべっ」って気づけます。無意識にYouTubeを開くことがなくなります。

ちなみに僕は独立が目標なので、作業場の写真を背景にしています。壁紙も、夢と関連した物にすると行動する確率は上がると思います。テンション上がりますねw

2.スマホの通知を切る

”設定→通知”で、通知の設定ができます。通知を全てオフにします。僕は全てのアプリの通知がオフです。自分が気になった時にアクセスしに行って情報を取ってくるようにした方が、作業時間中に邪魔されずに済みます。

作業前に機内モードにするのもありですが、いちいち機内モードに切り替えるのも結構めんどうだったりします。

3.目に見えない所で充電をする

スマホ依存の人は、スマホを肌身離さず持ち歩いているはずです。

集中したい場合は、スマホを見えないような所に置きます。充電場所を廊下に設置すると見えないし触らなくなります。あえて、取りに行くのをめんどくさくなるような場所に置くと非常に効果的です。加えてバイブ音にも気づかないようにクッション材を下に敷いておくのもいいですね。

まぁ通知オフにして目に見えない所に置けばokです。

スマホの液晶画面からはブルーライトが発光されていて睡眠の質を低下させますので、寝室にスマホを持っていくのはやめた方が良いです。寝ながらだらだらスマホをいじるのは、睡眠時間を削っているだけの行為になっていませんか?

スポンサーリンク

スマホ依存症の原因

スマホ依存症になる原因は、習慣です。あなたがスマホを手に取る行動は無意識であり反射なことが多いはず。”音が鳴る→見る”だったり”車が停車した→見る”や、”スマホが視界に入った→見る”は反射的に、無意識で起こっているんです。

だから、スマホ依存症の簡単な治し方は、通知を切って気づかない所に置く方法です。

「通知切ったら連絡遅くなって人間関係崩れるじゃん!」と思う人もいるでしょうけど、それは相手に説明してください。それでも関係が切れるようなら、そんな人とは付き合わなくて良いですw

感想とまとめ

3-3・スマホ依存の原因は習慣であり無意識
・通知をオフにして見えない所に置けばスマホ依存から抜け出せる!
・時間があるときにアプリの断捨離もしよう
・断ち切りたい習慣はわざとめんどくさくしよう

身に付けたい習慣は逆に、物を出しっ放しにすることで取り掛かりが楽になります。”見る→触る”の対象をスマホではなくて勉強や仕事にシフトさせるわけですね。

スマホの使い方はまじで使い方次第だと思います。自分の将来の目標や夢に向かっていけるように不要なアプリは消しましょう!部屋の掃除でも同じことが言えて、いらんもんは全部捨てる、必要になったら買えばok!

俺も夢に向かって頑張っていきます、一緒にがんばりましょう!

ではまた!

 - 雑学