【闇カジノ】イカサマの実態や場所、客層や逮捕についても

   


闇カジノにイカサマはあるのか?一体どんな人が来て、お客が逮捕されたらどうなっちゃうのかの実態を調査しました!

スポンサーリンク

闇カジノの実態

バイトの給料は月に30万円程度で客層としてはキャバ嬢やホスト、水商売の経営者なんかが多いようです。店のトップが暴力団関係者と関わりがなければ、お店にそのような人を入れる事は無いと思います。いざこざでぶっ潰されかねないので。

場所は雑居ビルで、そもそも日本ではカジノ禁止なので違法であり、闇カジノとなるわけですね。

イカサマはあるの?

基本的に、イカサマはあるようです。カードを持っただけで何枚あるか完全に把握したり、カードの順番を意図的に自分で操作できます。シャッフルも混ぜているように見せているだけで意図的に順番を操作できます。ちなみに、合法カジノでは、カードのシャッフルは機械で行われます。

ドリンク、タバコ等がタダで、出前なんかも取ってくれるみたいです。

お客が逮捕されたらどうなるの?

しらを切って押し通して黙秘をすれば20日で拘留されるうようです。警察官の尋問は人間心理を巧みについてくるので、自分を貫くのはなかなかハードかもしれませんけどね。場合によっては被疑者が衰退して、自分がやっていないことでもやったように錯覚してしまうケースも多くあるようです。

スポンサーリンク

ルーレットの必勝法

ちなみにこのルーレットを偶数か奇数に掛け続ける有名な必勝法(マーチンゲール法)と言われる手法があります。

やり方としては1万円掛けて外れたら次は2万円、外れたら4万円、8万円...と、当たるまで投資し続ける手法です。が、これは必勝法ではありません。

10連敗する確率は約0.13%で、逆に10連敗しない確率は約99.87%です。784回勝負をすると10連敗してしまう計算になるんですね。10連敗すると失う金額はなんと1023万円。

784万円勝つ確率=1023万円負ける確率 となって、一回の勝負で返ってくるお金は1万円使ったら9723円となるので、勝てる勝負ではないんですね。

ルーレットのディーラー(球を弾く人)は大体狙った所に入れられる事も考えれば、戻ってくるお金はより少なくなると考えてオッケーでしょう。

シミュレータもあるので、気になるのであれば試してみてください。理論的には、勝てるものではないので注意ですね!

ルーレット必勝法シミュレータ

まとめ

店側がタバコや飲み物、出前を提供してくれるにも関わらず利益が得られるとなれば、相当潤っているはずです。そしてイカサマがあるので勝つという点では厳しいですね。

ちなみに勝てるのゲームはポーカーで、これは日本に置き換えれば将棋みたいなものです。表情や仕草から相手の心を分析して手札を想定することで技術的な差が生まれるので勝てるって訳ですね。

カジノの本場であるラスベガスでは、観光客を食い物にしてお金稼ぐような人もいるみたいですw カジノするならラスベガスに行きましょうね!

 - 雑学