雪の結晶の作り方はペットボトルで!実験失敗を防ぐ注意点も

   


151221snowflakes01

「雪の結晶が作ってみたい!」

左右対称で神秘的な形をした雪の結晶は、とても魅力的で、魅了されます。今回は、雪の結晶をペットボトルで作る方法について、調べました。せっかく頑張って段取りして作ったのに…失敗した…。とならないように、雪の結晶を作る時の注意点もピックアップしています。

自由研究のネタとして、いかがでしょうか?

スポンサーリンク

雪の結晶の作り方

st02_5-2

準備物

  • ペットボトル(500ml)
  • 発泡スチロールの箱(15cm×16cm×18cm)
  • カッター
  • ドライアイス(1.5kg)
  • 軍手
  • ゴム栓(ペットボトルの口にハマるサイズ)
  • マイナスドライバー
  • 金槌
  • 極細の釣り糸
  • 消しゴム
  • ホチキス

雪の結晶の作り方順序

  1. 発泡スチロールの箱の蓋に、ペットボトルがハマる穴をくり抜く
  2. ペットボトル内に水を入れて、10回ほど振ってから捨てる
  3. ペットボトル内に息を吹き込む(真冬に手を温めるように)
  4. 釣り糸を2つ折りにし、折り目の部分に消しゴム(重り)をホチキスで固定する
    釣り糸はピンと張った状態にする
  5. 発泡スチロールの外側に、砕いたドライアイスを詰め込む
    ※軍手使用!(火傷に注意)
  6. 待つと、釣り糸の部分に雪の結晶ができる!

雪の結晶を作る注意点

  • 発泡スチロールの箱にしっかりペットボトルがハマるようにくり抜く(隙間から冷気を逃さないため)
  • 手を温めるようにペットボトル内へ息を吐き、ペットボトルの外側が白くなるようにする
  • 雪の結晶は徐々に大きくなるので、待つ

    スポンサーリンク

色のついた雪の結晶の作り方(実験)

st02_7finish

自由研究の題材としては、時間ごとの雪の結晶の成長についてメモするといいと思います。画像も一緒にあると分かりやすくていいですね。

自宅に簡易的な吸入器があれば、そこにオレンジジュースを入れてペットボトル内に入れることで色のついた雪の結晶ができるかもしれません。実験として、試してみてはどうでしょうか?できた保証はないので、あくまで実験という形でやってみてください。

サーモグラフィーを借りて、ペットボトルの温度がどのように変化するか調べられれば、面白いかもしれません。サーボグラフィーはとても高価なので、大学に電話して実験するだとか大掛かりな感じになるとは思います。好奇心があってアクティブに動けば、学校側も受け入れてくれる可能性はあるので、当たってくだけろ精神で、いくつかの学校に突撃するのもおもしろそうです。

学校に突撃したら、なぜその学校に入ったのかを学生にインタビューすることでもまた、別な視点での自由研究ができるかもしれませんね。趣旨はズレますけどw

感想とまとめ

overview02

  • 自由研究の失敗を防ぐ注意点は、”いかに冷気を逃がさないか”にあり
  • 色のついた液体でやれば、色のついた雪の結晶ができるかも?

雪の結晶に触れる機会って、ないですよね。もしも自由研究ネタに困っているのであれば、小物を一式揃えて実験してみてはいかがでしょうか?小物一式はホームセンターで揃えることができそうですね。

ドライアイスを使うので、素手で触ると火傷をする恐れがあります。カッターを使う場合も軍手を着用して、添えて方向には支えてがないように十分注意して作業しましょう!

ではまた!

 - 雑学